小林あっこホームページ

悔いなき人生を送りたい生きとし生けるすべての人に

こころが楽になるささやかなコツ

グチを言ってもいいんだよ

【 誰かに聞いてほしいんだけど、「グチなんか言っちゃあダメだよね。。。」って思っているあなたへ 】



あなたがクッとこらえたそのグチ。
それ、あなたのアタマのなかでループしたりしませんか?その後。


もしそうなら、、、
それはほんとはあんまり・・・良くはないこと;

もうね、思いきって、誰かに聞いてもらいません?


+ + + +


アタマのなかでグチがループし続けるとね、
そのグチを自分自身はずっとずっと聞き続けることになる。

あなたが他の人にしたくなかったヤなことばのシャワーを
自分自身に注ぎ続けることになる。


そんな言葉を聞かされ続けちゃうと、、、

潜在意識は主語が分からないから、ぜんぶ自分のことだと思ってしまう。

誰かへのグチなのにね、ぜんぶぜんぶ自分のことだと思ってしまうんだ。


そうすると、
自己評価も低くなっちゃうし、
その「”低くなった自己評価”どおりの現実」が
やってくることになる。。。

(潜在意識の思っていることが現実になっちゃうからね。)



だから、
もういっそのこと、
そのグチ、一回口に出してしまうほうがいい。

それでスッキリしちゃうほうがいい。

あなたのこれからのためにも。


そしてそれは、
あなたの周りのみんなのためにもなるからね。


+ + + +


そうは言っても、
なかなかグチって言えないよねぇ。。。;

なので、
定期的にグチを言い合える『グチ同盟』みたいなものを
信頼できる人と結んでおいたら、ちょっと楽かも。

お互いに聞きあえるから、
「聞いてもらっちゃって悪いな。。。」
ってキモチもなくなると思うし^^



ちなみに、
『正しいグチのこぼし方』っていうのがありまして、、、


◇今から話すことは「グチ」だとちゃんと先に伝えること。
 伝えた上で、聞いてもらうこと。


◇できれば、時間を決めて話すこと。

 いつ終わるか分からないままでは聞くほうもしんどいし、
 時間を決めることで集中して聞けるようになるので、
 かえって「ちゃんと聞いてもらえている」って安心感を得られやすいです。


◇こういう風に聞いてほしいとか、こういう風に共感してほしいとか、
 そういうOKシチュエーションやOKワード、
 反対にNGワード・・・がもしあるなら先に伝えておくこと。
 聞いてくれる相手に不要な負担をかけないためにも。

 (「がんばれ」は言ってほしくない、とか、「そんなんイヤやなぁ~」って言ってほしいとか。)

 (この相づちがNGだったらどうしよう。。。;
  そう思って、聞くことが負担になっちゃうといけないのでね。)






LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top