小林あっこホームページ

悔いなき人生を送りたい生きとし生けるすべての人に

Message

だれともちがうわたし

だれともちがうわたし

だれともちがう私になろう だれともちがう私になろう だれともちがう今日をえらんで だれともちがう私になろう だれともちがう私になろう だれともちがう私になろう だれともちがう明日をえらんで だれともちがう私になろう だれともちがう服をえらんで だれともちがう靴をえらんで だれともちがう色をえらんで だれともちがう私にな…
自分に適した自分用の質問と、自分らしい答えと。

自分に適した自分用の質問と、自分らしい答えと。

「なんで?」って理由を訊かれると、 それまでそのことに大して想いをはせたことはなくても 自然と脳は答えを探す。 それって、 「なるほどー」と自分自身思えておもしろいときもあるけれども、 そもそもの「なんで?」のシツモンが自分に適していないときには おかしな答えをはじき出す、、、可能性もある。 そしたら、自分らしい答えで…
決意表明はもう聞き飽きた。行動こそを見たいんだ

決意表明はもう聞き飽きた。行動こそを見たいんだ

こころのことを学んで こころのことを知って すごく楽になったけど ときどき、お手本の教科書を違うものに変えただけのような気持ちになることがある。 いくらそれが正解でも 正解どおりにするって、そもそもそれ違わない? 私は私の想いを尊重したい。 好かれるためにいい人になってたなら それをやめるのはいいことだよね。 でも、そ…
人の”楽しい”が妬ましいときには、自分の”楽しい”で埋め尽くしてしまえばいい

人の”楽しい”が妬ましいときには、自分の”楽しい”で埋め尽くしてしまえばいい

人の”楽しい”が妬ましいときには、 自分の”楽しい”で埋め尽くしてしまえばいいんだよ。 それが、「自分から何かをする」ということ。 それは遊びとかでも全然いい。 自分のフィールドに空きがあるから、 人の”楽しい”が浸食してきて なんだかつまんなくなっちゃっているだけ。 ほら、空いているところには、 何かがすぽっと入って…
真に受けるな

真に受けるな

結局さ、 メガネをかけている人の言うことは メガネ越しの意見でしかないんだよ 真に受けるな そんなの
「自分に生まれてこれてよかった」そう思える人生でこそ、本気でチカラもわくってもの

「自分に生まれてこれてよかった」そう思える人生でこそ、本気でチカラもわくってもの

分からないを 分からないままにしておいちゃあだめだよ 分からないままでもなんとかなってゆく世の中だ 今は そうしているうちに 何を知りたかったかを忘れていってしまう いつしか そのくせ どうでもいいことには時間を費やして 暇つぶしに時間を奪われる世の中なんだ 近ごろは 自由も選択肢も多いけれども その他大勢に流されてし…
感度を上げて生きてゆけ。見たいと思えば、世界は様々なものを見せてくれる。

感度を上げて生きてゆけ。見たいと思えば、世界は様々なものを見せてくれる。

感度を上げて生きてゆけ。 見たいと思えば、世界は様々なものを見せてくれる。 それに気づけるかどうかは自分次第。 この世の中にはいろんなものが存在している。 たくさんのいいものが。 たくさんのうれしいものが。 たくさんのメンドウなものが。 たくさんの情報もある。 そのたくさんの情報の中から 自分の心がおどるもの、自分の心…
上っ面に流されてはいけないよ。やってることが自分でも気持ち良かったりするからくせ者だ

上っ面に流されてはいけないよ。やってることが自分でも気持ち良かったりするからくせ者だ

この世の中には いろんなものがあふれてる たくさんのいいことや 役立つことや 素晴らしいことや ありがたい話や くだらない話や つまらない話や 時間泥棒なだけのものや 誰かの受け売りをいろんな人から手を変え品を変え何度も何度も見せられたり 価値のあるものも 価値のないものも 素晴らしいのに価値を感じる人が少ないものも …
傷ついたからこその魅力・傷ついたからこその輝き

傷ついたからこその魅力・傷ついたからこその輝き

私にはすごくキレイにキラキラと見えたんだけど、 それはあなた自身にはとても痛いものなんだってね。   私にはすごくまぶしくて、うらやましいくらいだったんだけど、 それはあなた自身にはとてもとてもつらいものなんだってね。   知らなかったんだ、ごめんね。 キレイだなんて言ってごめんね。   あなたのキラってるもの、 うっ…
むじゅんまんさい

むじゅんまんさい

「ぜんぶを受け止めてほしいのに、ネガティブな部分は受け入れてはもらいにくい」 そんなことを体感していたなら、 今のままの自分を自分で受け入れることもむずかしいし 今のありのままの自分をさらけ出すこともこわいだろう。 そんなの当たり前。 この世には矛盾がある。 一人の人の中にさえ矛盾した想いが共存するのだから、 そんなの…
Return Top