小林あっこホームページ

悔いなき人生を送りたい生きとし生けるすべての人に

お知らせ

出展いろいろ終わりました。ありがとうございます m(_”_)m

12/9(火)には東京は早稲田での「クリスマス☆ピンク展」、そして、昨日12/14(日)には「三条富小路書店」が終了いたしました。
足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました m(_”_)m

今回は、私にとっては新たな試みな本を出展させていただきました。
手にしてくださった方、感想をくださった方、ほんとありがとうございました!


今回いただいた感想、おもしろいことに、どれも、、、具体的ではなく(笑)
雰囲気的な感想が多くて、それがおもしろい、っていうか、すごくうれしかったです。

だって、説明できない気持ちってあるもんね。
説明しづらいのに、その説明できないキモチを伝えようとしてもらえる、、、ってめちゃうれしいよ。
「なんしかよかった」なんて、最高のほめ言葉だ。


+ + + + + + + + +


わたし自身、この本を1冊ざーっと通して読むと、なぜだか泣けて仕方がありません。
泣くような内容ではないのにな。書いた本人なのだから内容も知っているはずなのにな。

でも、どのフレーズに対しても「生まれてきてくれてありがとう」だ。

おかしな言い方になるかもしれないけれども、作っているときも
「このフレーズが出てくる瞬間に立ち会えてよかった」って、何度も思いました。

立ち会うって、、、本人だから当然なんだけどね。でも、

「作業したのが昨日だったら出てこなかったかもしれない。」
「それこそ、徹夜したのが今日でなければ出てこなかったかもしれない。」
「今のこの瞬間でなければ出てこなかったフレーズなのかもしれない。」

・・・とか、そういうことをいちいち思いました。

自分で書いておきながら、「私のところにきてくれてありがとう」って、何度も思いました。

思い入れが、ちょとうっとおしすぎるくらいに。。。^^;



いろいろあったけれども、いろいろと苦しい時期ではあったけれども、
いろいろなプロセスを通して出来上がったこの本、、、いとおしすぎる!

手放しでこんなにも大事に思えるって、なんて幸せなことだろう。


10822547_434991573323124_1202135944_n
(こちらは「クリスマス☆ピンク展」にて展示していただいた際の写真。キレイ~)
(「三条富小路書店」さんは、何度か自分で行ったくせに、一枚も写真を撮っていないんだよなぁ。。。;)



この2冊、冊数限定で実費でお譲りさせていただきます。
(要は、「販売します」ってことです^^)

詳細はこちら(ただ今準備中;)のページを見てくださいね。よろしくお願いします m(_”_)m



その他のお知らせ

Return Top